全国道の駅ガイド > 栃木県の温泉地

栃木県の温泉地

  • 那須温泉
    江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
  • 板室温泉
    下野薬湯と称される板室温泉は、数多い温泉地のなかでも特にすぐれた条件をそなえている所として、昭和46年に国民保養温泉地として指定されました。今でも湯治(とうじ)目的のお客様が多く、観光地化されていない素朴な風景が広がる貴重な温泉地です。源泉温度は摂氏38~45℃の身体にやさしいぬる湯です。
  • 塩原温泉
    東京方面から近くて、良質な温泉が湧き出る塩原温泉。源泉数は175(H12調べで全国11位)。11の湯場があり、弱塩泉や炭酸水素塩泉、硫黄泉など6つの泉質が。渓流沿いの露天風呂や山の中のにごり湯など、泉質もロケーションも様々。湯めぐり手形もあるので巡ってみて(900円。1回無料、次回から半額で入浴OKの太っ腹な手形)。
  • 湯西川温泉
    壇ノ浦の戦に敗れた平家が隠れ住んだという、平家落人伝説の残る美しい温泉郷。渓流沿いに藁葺き屋根の家が並ぶ風情ある景観に心和む。アルカリ性単純泉の温泉の発祥は天正元年で400余年の歴史をもつ。地元で採れた岩魚・ヤマメ等の川魚や野鳥・鹿・熊・山椒魚やみそべら等をいろりでじっくり焼いて頂く落人料理が有名。
  • 川俣温泉
    平家の落人伝説が残る秘湯エリア。それにまつわる史跡も点在する。渓谷や滝など景勝地も多く、四季折々の美しさを楽しませてくれる。鬼怒川の源流を眼下に見据える噴泉橋からは、約50分の間隔で、白い湯煙とともに、豪快に湯柱が吹き上がる間欠泉を楽しむことができる。
  • 日光湯元温泉
    日光の最奥地、湯の湖岸の国民保養温泉地としての指定されている。自然が豊富で静かな温泉地として情緒的、湯の湖では、ヒメマスや岩魚釣りが楽しめ、スキー場やハイキングコース、アウトドアの施設もある。豊富な硫黄泉は美人の湯として人気。
  • 日光温泉
    歴史と文化の街、日光の市内にある温泉。硫黄が苦手な人にも親しみ易い無色透明の湯は、肩こりや神経痛、美肌にも効果あり。東照宮や世界遺産巡りの後にゆっくり温泉を愉しもう。市内の宿で立ち寄り温泉もOK。(要問い合わせ)
  • 鬼怒川温泉
    雄大な鬼怒川渓谷沿いに旅館・ホテルが立ち並ぶ関東有数の大型温泉地。江戸時代の発見当時は日光詣の僧侶や大名のみ利用できたが、明治以降一般開放された。体に優しいアルカリ性単純温泉は神経痛・疲労回復等に効能あり。周辺は日光江戸村や東武ワールドスクウェア等テーマパークも多く、春の新緑、秋の紅葉が美しい。
  • 川治温泉
    男鹿川と鬼怒川が合流する峡谷にひらけた、静かな温泉郷。温泉は享保3年の発見といわれ、旅人や湯治の場として古くから親しまれた。泉質はアルカリ単純泉で神経痛やリウマチに効能あり。薬師橋を渡った対岸には共同浴場(混浴露天と女性露天)があり風情を感じる。足をのばせば五十里ダムや川治ダム。紅葉・新緑も美しい。
  • 馬頭温泉
    肌が滑らかになることから「美人の湯」と呼ばれる馬頭温泉郷は、那珂川の清流を眼下に、大・小の温泉宿が点在しており、身も心も美しくなると人気を博しています。白煙をなびかせる那須岳と、それに連なる山々をはじめ、高原山、日光連山などを一望できる景勝地に位置しています。
  • 喜連川温泉
    喜連川は古い城下町で江戸時代は奥州街道の宿場として栄えた歴史を持つ。硫黄、塩分、鉄分を含む弱アルカリ泉は薄い茶色に塩味の良泉。2001年にオープンした、全国初の「温泉付き」道の駅や、喜連川第1温泉浴場、喜連川第2温泉浴場では、立ち寄りでも、温泉を楽しむことができる。
  • 益子温泉
    益子焼で有名な陶芸の里、益子に誕生した新しい温泉。無色透明の単純泉で腰痛に良いとされている。冬から春にかけてはイチゴ狩りでも有名なエリアで、「とちおとめ」のイチゴ狩り体験もできる。またSLが走る真岡市や、国際レースも開催されて、大人から子供まで楽しめる「ツインリンクもてぎ」のある茂木町も近い。
  • 大田原温泉
    栃木県、大田原に知る人ぞ知る名湯が湧いている。毎分300リットル、PH9.1のアルカリ性のナトリウム-塩化物泉。自家源泉なので豊富な湯量が湯船を満たす。この湯を求めて遠方から訪れる人も多い。那須や塩原にも車で40分ほどなので、有名観光地めぐりにも便利。
  • 日光霧降温泉
    日光連山の一つ、赤薙山の南東斜面に広がる霧降高原に建つ、本格リゾートホテル「メルモンテ日光霧降」のオープンにあたり、平成9年4月に掘られた温泉。日光市内では珍しい源泉をもつ宿として、立ち寄り湯もふくめ、観光客や地元の人にも利用が多く喜ばれている。泉質は無色透明、無臭の炭酸水素温泉。
  • 那須野が原温泉
    東北自動車道・西那須野塩原IC近くに湧いている温泉。泉質はアルカリ性単純温泉「アルカリ性低張性高温泉」ほとんど無色透明、無味無臭。アルカリ性温泉なので健康に最適。人気観光地の那須・塩原へそれぞれ車で30分ほどなので、観光の拠点に便利な好立地。
  • 鹿沼温泉
    栃木県宇都宮市から少し離れ、豊かな自然に囲まれた鹿沼温泉。泉質はアルカリ性単純温泉。四季折々の美しさを望める露天風呂の他、ハーブバス、マッサージバス、ミストサウナ、エステなど施設も充実している。敷地内にスポーツ施設があるため、運動した後の入浴もおすすめだ。地元の人にも愛される、日帰り温泉でもある。
  • 那須プレリー温泉
    那須高原の中心部からどうぶつ王国やマウントジーンズスキーの方へ向った静かな環境にある全館平屋の静かなペンションです。小川の流れる林や、遊べる芝生の庭など自然の空間に心が休まると好評をいただいております。露天風呂は天気に恵まれれば満天の星空や真っ赤な夕日が望め、それは見事です。
  • 森友温泉
    今市市にある、日帰り施設。地元の人に愛される、共同浴場のような雰囲気。無色透明の湯は癖がなく、ふわっとした浴感。泉質はアルカリ性単純泉 。泉温 45.0度 。休憩所、カラオケ、温泉スタンドあり。 東武鉄道日光線で下今市駅から5km、車10分 。営業時間 は10時~22時 。休業日 第2・4火曜日。
  • 与一の湯
    オーナー自慢の温泉は、源泉100%掛け流しだけがもつ自然の恩恵。那須パレスホテル敷地内に毎分300L 摂氏47度の天然温泉(与一の湯)。温泉ならではの旅の疲れを心地よく癒してくれます。神経痛、慢性消化器健康増進によく効きます。女性の方にも、お肌で実感して頂きたい自慢の天然温泉です。
【スポンサードリンク】