全国道の駅ガイド > 京都府の温泉地

京都府の温泉地

  • 夕日ヶ浦温泉郷
    大阪から約3時間、夕日の名勝「夕日ヶ浦」に沸く通称「美人の湯」。他に神経痛や疲労などにも効能があるとか。静かな海辺の町に旅館・民宿が点在する。春、秋は豊富な地魚を、夏は海の家も登場する約8Kmのロングビーチで海水浴を、冬は自慢のカニ料理を戴けるのも魅力。
  • 木津温泉
    奈良時代、僧行基が発見したアルカリ単純泉。一般家庭にも供給できる程豊富な湯量と皮膚病治療に訪れる人が居る位良質な泉質が自慢。この辺りは6月中旬から7月中旬にかけては初夏の風物詩「蛍」を観賞できるのも魅力。夏から秋にかけては果樹園が多い為、果物狩りなどを楽しむことも可。
  • 久美の浜温泉郷
    丹後の箱庭と呼ばれるほど美しい久美浜湾近辺の温泉。そのローケーションの良さを活かした絶景の展望風呂や、露天風呂をもつ温泉宿もある。冬にはカニ三昧、夏には京都府随一のロングビーチ「小天橋海水浴場」で遊ぼう。
  • 天橋立温泉
    日本三景の天橋立を有するこの地に3年前から開湯し、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉であり、手を浸けただけでも、その湯の柔らかさと湯上り後のしっとり感が体感できる。夏季は海水浴場も近く、冬季は松葉かに料理が有名で、プラスαで楽しめる。
  • 湯の花温泉
    京都の奥座敷、市内から西へ7キロ程、静かな山間にある温泉地。戦国時代「明智光秀」が刀傷を癒しに訪れたと言われる歴史ある名湯。昔、鬼退治に使われた不思議な霊力がある「桜石」は天然記念物。その時に鬼が泣いて涙が溜まり、湯の花温泉になったといういわれもある。万病の治癒と除災除厄として親しまれている。
  • 嵐山温泉
    京都を代表する景勝地・嵐山で今年3月に温泉が開湯。弱アルカリ性の単純温泉で、お湯の温度は35・2度。まったりしたお湯で入ると泉質の良さがそく体感できるほどで、特に美肌効果あり。微白濁の湯が毎分81リットル湧出し、神経痛、筋肉痛等に効能があり。地元の旅館・ホテル7施設にタンクローリーで湯を運ばれる。
  • 桃山温泉
    豊臣秀吉が築いた伏見城の城下町として栄えてきた伏見・観月橋そば、宇治川沿いにある温泉地。昔、宇治川には三十石船が運行、京都と大阪を結ぶ港町として賑わった。伏見という地名通り、伏流水に恵まれた土地で、酒造りも盛ん。泉質は単純硫化水素泉のやわらかい湯で、神経痛やリウマチなどに効果があると言われている。
  • 丹後温泉
    丹後町間人周辺に湧く丹後温泉を始めとする間人温泉郷は無色透明のアルカリ単純泉。料理は魚種豊富な間人港に揚がる新鮮な魚介を、11月から3月末まではカニ料理が戴けるのも嬉しい。透明度の高い日本海に近いので夏は海水浴を楽しめるのも魅力。
  • 鳴き砂温泉
    鳴き砂で有名な、琴引き浜に湧く「鳴き砂温泉」は一般家庭に供給できる程、豊富な湯量が自慢のアルカリ単純泉。6月中旬から7月中旬にかけては蛍観賞もOK。また、春から初夏にかけての時期が一番琴引き浜も美しく砂もよく鳴く。夏は海水浴、冬はカニも楽しめるのも嬉しい。
  • 二塚温泉
    800年以上の歴史を誇る二塚温泉。日本海に突き出た断崖に佇む一軒宿。日本海の潮騒をBGMに浸かる展望風呂は24時間入浴OK。時を追うごとに変わる日本海を目に浸かる温泉は無色透明のアルカリ単純泉。料理では、三津漁港に揚がる新鮮な魚介を始めとする海鮮料理が戴ける。
  • 浅茂川浦島温泉
    浅茂川漁港近くに湧くこの温泉は少し粘性のある無色透明のアルカリ単純泉。神経痛や疲労にも効果があるとされ、地元では「美人の湯」と呼ばれ親しまれている。また、料理は漁港も近いため新鮮な日本海の幸が味わえ、特に冬は日本海名物のカニ料理が戴けるのも魅力!
  • 八丁浜小浜温泉
    車で波打ち際近くまで行ける八丁浜を見下ろす高台に湧く温泉。民宿・旅館が点在するこの辺りは近年発見された療養泉。春から秋までは近隣の漁港に揚がる日本海の幸をいただける。夏は目前の日本海に歩いて約1分、海水浴にも◎!11月から3月末迄ならカニ料理も戴けるのも嬉しい。
  • 木橋温泉
    体験型農業公園「あじわいの郷」内にあるプチホテル「ゆーらぴあホテル」にのみ湧く温泉。サラリと肌に優しいこの温泉は、疲労や神経痛に効能もある。夏から秋にかけては併設されているフルーツ園で果物狩りが出来るのも魅力!11月から3月末までは、ホテルでカニ料理が戴けるのも嬉しい。
  • 小天橋温泉きららの湯
    広大な日本海と美しい久美浜湾に挟まれた恵まれたロケーションの町に、平成13年に湧き出した天然温泉。温泉成分が濃厚で「療養泉」のおすみつきを持つ効能ゆたかなお湯です。
  • 丹後はなれ湖温泉
    すぐ近くに琴引浜や八丁浜など、美しい日本海ビーチ、ファジーフィッシングスポット「はなれ湖」の側に湧く温泉。疲労回復や関節痛によいと言われる。
  • 大原温泉
    のどかな田舎の風景が心を癒してくれる、京都・大原に温泉が湧出。京都にきて近場でゆっくり温泉を楽しめる。
  • 橘の郷 上野温泉
    昭和57年に湧出した比較的新しい温泉。泉温は39℃と比較的ぬるめの湯。低張性・弱アルカリ性の単純泉で赤ちゃんからお年寄りまで安心して浸かれる軟らかい泉質も嬉しい。無色透明で無臭、地元人からは「美人の湯」と讃えられる温泉。神経痛や筋肉痛や冷え性などにも適応しているとされる。
  • るり渓温泉
    景勝とラドン温泉でしられるるり渓。豊かな自然の中にテニスコートやローラースケート、多目的グランドなどの遊空間、フラワーガーデン、動物公園などの施設もある。天然ラドン温泉との複合施設。
  • 蒲井温泉
    利用する源泉(長者の湯)から直接ひいた温泉を使っており、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉である。湯上り後も体がポカポカしており、湯冷めしにくいと言われている。周辺地域の温泉の泉質が単純温泉である中、蒲井温泉はナトリウム・カルシウム塩化物泉であり珍しいとされている。
  • 宇川温泉
    海を望む静かな高台の露天風呂から日本海が一望でき、美しい夕日が望める。日帰り入浴施設の浴場は天然木をふんだんに使った内湯や日本海や竹林を望む露天風呂など意匠性が高い。浴場は”海の温泉「竜宮」”ならびに”山の温泉「香具夜」”があり、日替わりで男湯と女湯が入れかわる。
  • 天山の湯
    心と体を温め、ほぐす、天然温泉100%の温泉。京都では珍しい「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」の天然温泉100%のお湯です。海水に近い高濃度の泉質のため、保湿効果にすぐれており、湯あがり後にはお肌のすみずみがしっとり潤うとも言われています。
  • 霊山新温泉
    京景色が一望できる東山の高台に位置し、春は桜、秋は紅葉が楽しめる。また周辺には世界遺産・清水寺や高台寺、龍馬ゆかりの護国神社や霊山歴史館などがあり観光や散策を満喫できる。泉質は単純弱放射能冷鉱泉で、効能は神経痛や筋肉痛、関節痛、疲労回復など。
  • 京都竹の郷温泉
    京都市洛西に位置。泉質は神経痛、関節痛、疲労回復などに効果があると言われる弱アルカリ性単純泉が2種類。毎分142リットル湧出、広々とした大浴場や露天風呂をはじめ10種類の多彩なお風呂で温泉を楽しめる。一部のカランやシャワーでは温泉を利用できる。
  • スパ・トリニテ
    天然温泉(加水・加温・循環濾過)。ホテルモントレ京都の最上階・13Fにある、京都らしい和のテイストを取り入れた五感を癒すペントハウススパ。「トリニテ」とは三位一体の意味。心・身体・頭をそれぞれ、軽く・清らかに・すっきりとの意味を込められています。
【スポンサードリンク】