全国道の駅ガイド > 岡山県の温泉地

岡山県の温泉地

  • 湯郷温泉(美作三湯)
    約1200年前に白鷺が傷を癒している所を円仁法師が見つけたとされる別名「鷺の湯」とも言われる古湯で、美作三湯の中でもっとも京阪神地区に近く、観光客の足が絶えることはない。泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉で消化器病や神経痛などに効能を発揮するほか、美肌造りの湯としても知られており女性に人気の温泉地だ。
  • 岡山県北部の温泉
    岡山県北部は、千屋牛で有名な千屋温泉や建部温泉等があり、四季を通じて山の幸を堪能できるエリアです。また、蒜山高原のレジャー施設を始めとして体験施設も豊富です。また、新見・高梁・勝山等、由緒正しい観光スポットも数多くあり、見所の多いエリアです。
  • 奥津温泉(美作三湯)
    発見は古く、戦国時代の武将や津山藩の湯治場にも使われた由緒ある湯の里。最近では日本観光地百選にも選ばれ、その名が全国に知られている。泉質はアルカリ性泉で、美白効果があるため、別名「美人の湯」とも呼ばれている。熊や狼に襲われないよう周囲を見張る為に立ったまま洗濯していた「足踏み洗濯」が有名で、定期的に披露されている。
  • 湯原温泉郷(美作三湯)
    山陽と山陰を結ぶ宿場町として栄え、今もその面影を色濃く残している湯原温泉は湯量が多く、良質で肌ざわりもなめらか。四季折々の風情が楽しめるこの温泉には湯治客の姿が絶える事はない。入浴無料で24時間入浴できる「砂湯」は旭川の川床から湧き出る名勝の露天風呂。この露天風呂は全国露天風呂番付の西の横綱と評されている。
  • 岡山県南部の温泉
    観光の拠点、岡山市・倉敷市を中心とした温泉地です。海にも山にも近く、家族・カップルでの行楽に最適です。主な温泉地としては平野部には湯迫温泉、苫田温泉が、瀬戸内海を望む立地では、たまの温泉、鷲羽温泉、鷲羽吹上温泉が、山間には由加温泉があります。
  • 総社温泉
    国指定史跡の備中国分寺や画聖・雪舟が幼少時代に修行したといわれる宝福寺など吉備路観光の拠点に最適の温泉地。泉質はラジウム泉でリウマチ、神経痛に効能がある。岡山県を代表する名勝地の奇岩美と自然美が独特の景勝を醸し出す「豪渓」にも近く、秋の紅葉シーズンはもっともオススメの時期。
  • 東吉備高原温泉
    和気町(旧佐伯町)のキャンプ場やログハウスのある三保高原に位置する。泉質は『冷鉱泉』。筋肉痛、肩こりや腰痛にきくというお湯は、日ごろの疲れを癒すのにぴったり。周囲の自然景観もまた見もの。秋にはりんご狩りもできる。
  • 岡山桃太郎温泉
    岡山市街地から県道岡山吉井線を北へ約15分。赤磐市に入る手前に立地する温泉。ここの湯は地下1457メートルから湧き出るアルカリ性単純温泉。湧出量は日に450トン以上と豊富な上、泉温41.2度と高く、冬場以外は加温せず全浴槽かけ流しで利用している。
【スポンサードリンク】