全国道の駅ガイド > 広島県の温泉地

広島県の温泉地

  • 広島県東部の温泉
    広島県東部の備後エリア・備北エリアには瀬戸内海国立公園の中心に位置する「鞆の浦温泉」やラドン成分豊富な尾道の「養老温泉」、薬効豊かな「矢野温泉」、美人湯として知られる「君田温泉」など泉質が自慢の温泉が豊富。
  • 芸北・温井・三段峡の温泉
    「芸北温泉」は絶景露天風呂がある。解放的な造りで入浴しながら中国山地の山並みが見え、温泉浴とともに森林浴を楽しめる。「温井温泉」はアーチ式ダムとしては黒部第4ダムに次ぐ高さとなる温井ダム湖畔に建つ。「三段峡温泉」は最高の渓谷美 特別名勝三段峡の入口に佇む眺望抜群の立地。三湯ともスキー場のメッカ!!
  • 湯来・潮原温泉
    「広島の奥座敷」といわれる静かな温泉郷「湯来温泉」は、渓谷沿いの閑静な環境にあります。泉質は単純弱放射能温泉で、神経痛、胃腸病、切り傷などに効くといわれています。豊かな自然に恵まれた「潮原温泉」は、血糖値が高い方に効くといわれている飲用温泉水があります。飲泉所でカップ1杯以上で胃や腸を刺激し活性化。
  • 宮島・宮浜・広島の温泉
    「宮島温泉」は日本三景の一つ、安芸の宮島の島内にある。「宮浜温泉」は湧出量は毎分220リットル程で、ほぼ透明な無味無臭のお湯はラドンを豊富に含み神経痛に効くといわれる。「広島温泉」は神経痛、関節痛、慢性皮膚炎などに効くといわれている。入浴後も保温効果が高いのが特長。
  • ホリスリゾート温泉
    高濃度ラドン泉で神経痛・冷え性・痛風など「入浴」効果に優れているのはもちろん、「飲用」としても大変優れている。特に泉質は、日本温泉協会の厳正なる審査の結果、5段階評価において最高ランクの「5」の評価を得ている。体の外からも内からも健康増進に適した温泉。
【スポンサードリンク】