全国道の駅ガイド > 佐賀県の温泉地

佐賀県の温泉地

  • 古湯温泉
    四方を小高い山々に囲まれ、嘉瀬川流沿いにある古湯温泉。その歴史は古く、約2200年前に発見されたと言われるから、文字どおり古湯と言えよう。夏にはホタルが飛び交い、四季折々の自然の表情を見せる。芸術家たちにも愛され、 青木繁や斎藤茂吉ゆかりの宿が今も、のこっている。 泉質はアルカリ性単純温泉。
  • 佐里温泉
    戦国時代の湯治場に端を発した佐里温泉は、長崎自動車道の多久インターから車で約25分、武雄北方インターから約30分。宿は「登栄荘」1軒のみ。檜貼りの床に御影石を使った重厚感ある内風呂と、露天風呂の“檜湯”があり、ピラミッド型・総ガラス貼りの“花の湯”は、浴槽の周りに季節の花々に囲まれながら湯を楽しめる。
  • 武雄温泉
    塗りの楼門がシンボルの武雄温泉。宮本武蔵やシーボルト、吉田松陰もその湯に浸かったとされ、古くから肥前街道の宿場町としてにぎわった古湯。低張性弱アルカリ性高温泉で神経痛、筋肉痛、関節痛などに効果があるとされる。古窯跡も数多く残されており、陶芸の発祥地としても名高い。
  • 嬉野温泉
    九州屈指の名泉として知られ、源泉は17ヶ所で湯量も豊富。食塩と炭酸を含有したアルカリ性の湯は良質で、汲み上げ時の温度は約100度ある。江戸時代の嬉野温泉は長崎街道の宿場町として栄え、今でも嬉野川の清流に沿って60軒余の宿が建つ。嬉野温泉の名物はお茶と、とろける温泉湯豆腐。
  • たら竹崎温泉・太良嶽温泉
    日本最大の干潟を持つ有明海沿いの国道に、カニと温泉をうたった旅館が十数件並ぶ。有明海のプランクトンで育って格別に美味しいとされる竹崎カニを1年中味わうことができる。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で無色透明、神経痛や皮膚病に効くとされる。冬場には国道沿いにカキ小屋が登場し、冬の風物詩となっている。
  • 川上峡温泉
    川上狭温泉は九州の嵐山、博多の奥座敷と言われ、ラドン系の源水と天然鉱石に含まれる希有元素鉱石が泉源。背振山系の眼下には渓流が穏やかに流れ、物静かなたたずまい。佐賀大和ICより2分なので、有田、ハウステンボス、吉野ヶ里、柳川、西九州への観光拠点にも最適だ。
  • 伊万里温泉・上伊万里温泉
    焼物の里、伊万里に湧く温泉。町中に焼物文化があふれていて、窯元めぐりも楽しみ。伊万里温泉は、厚生年金休暇センター(公共の宿)の温泉。スポーツ施設なども充実。上伊万里温泉は、「ホテルニュー伊万里」の温泉。洋室中心のビジネス向け宿泊と和室中心の旅館タイプの宿泊を備えたホテル。大浴室・サウナが利用できる。
  • 唐津温泉
    福岡市から車で1時間の唐津市内の喧騒的な都会の中でひっそり湧き出る温泉。松浦川沿いにあり、キラキラ光る川面を眺めながらゆったりと寛げる。効能としては、神経痛、疲労回復、慢性皮膚病などに効く。このエリアで有名なイカの活造りなどを食べて温泉に入って、日帰りにも宿泊にも十分満足できる唐津。
【スポンサードリンク】